head_img head_img_sp

information

お問い合わせボタン

メニュー
ラインボタン
お問い合わせボタン
HOME > 逆流性食道炎

逆流性食道炎

あなたはこんな症状でお困りではございませんか?

icon_check01 いつも胸やけしている気がする

icon_check01 物を食べていないのにゲップが出る

icon_check01 物が飲み込みづらい

icon_check01 胸のところで何かがつかえている感じがする

icon_check01 のどが痛くなり、声が枯れたり、ひどく咳こんだりする

icon_check01 胸が締め付けられて痛い


逆流性食道炎は、胃から強い酸性の胃液(=胃酸)が逆流して食道に炎症を起こす症状です。

正常であれば、胃の入口は下部食道括約筋という筋肉によって胃酸が食道に逆流しないようになっていますが、何らかの理由でうまく働かなくなると、胃酸が逆流して食道を傷つけてしまうのです。

gyakuryu_shiyokudou02

逆流性食道炎は、悪化すると食道がんにもつながる恐れがあります。

もしも上記のような症状があり、逆流性食道炎が疑われたら、まずは病院で検査を受けて見ましょう。

 

逆流性食道炎の原因

ストレス

ストレスを抱えた状態でいると、自律神経のバランスが乱れて、体の機能全体に支障をきたします。

内臓の働きも乱れるために胃酸が過剰に分泌されたり、下部食道括約筋や胃の蠕動運動もうまく働かなくなって胃酸が逆流しやすくなります。


 

偏った食生活

脂質の多い食べ物ばかりを食べていると胃で消化をする時にたくさんの胃酸を必要としてしまうために、その胃酸が逆流を起こしやすくなります。

また、食べ過ぎや飲み過ぎによっても胃酸が多量に分泌されて逆流が起こりやすくなります。

ただし、偏った食生活に関しての当院の見解は、主たる原因とするにはよほど長期の暴飲暴食が必要だと考えます。

実は、偏った食生活自体の問題よりも、そのような食生活をせざるを得ない環境や状況、またその心身の状態が逆流性食道炎を起こすのではないでしょうか。


 


当院ではこのように逆流性食道炎の施術を行います


ストレス調整

自律神経のバランスを整えてストレスを緩和させて、下部食道括約筋や横隔膜など胃の入口に関わる筋肉の働きが正しくなるようにします。

頭やお腹、脚に軽く触れる程度の、痛みのない調整です。


flow_arrow_s

内臓の調整

内蔵全体を調整しますが、特に胃腸は直接お腹を軽く押圧する直接法と、脚からの反射を利用した間接法を併用して正常に働くようにします。


 

 

当院の整体の特徴


痛みのない整体です

整体といっても、ボキボキしたり強く押したり揉んだりしない、刺激の少ない整体です。

それでいて、痛みが楽になっていくのを実感していただけます。


安定期前の妊婦さんでも安心して受けられます

ソフトな施術なので、母胎に刺激を与えるようなことはありません。

だから、安定期に入る前の妊婦さんでも安心して受けることができます。


横になれない方でも受けることができます

立位、座位、横臥位(横向き)での施術法があるので、横になれない方をいきなり寝かせることなく施術できます。

施術を受けているうちに横になれるようになります。

 


最後に

逆流性食道炎は、悪化していくと食道ガンに進む可能性があります。

ですから、まずすべきことは専門医に見てもらうことです。

ですが、専門医による治療を続けても改善が見られない場合や薬を飲み続けることに不安を感じたときには、当院がお力になれるかも知れません。

一日も早く楽になりたいとお考えの方はぜひご相談ください。



 

施術の内容と料金

施術料金

初見料 1000円
施術料 5000円

※3ヶ月以上来院間隔があいた場合にも再見料(1000円)が必要になります

icon お得な回数券もあります


 

てのひら整体院までのアクセス

住所 〒323-0829
栃木県小山市東城南2-8-7 コーポミストラルⅢ 110号
電話番号 0285-38-9119
交通 JR宇都宮線 小山駅から車で7分

 

電話番号 0285-38-9119

お問い合わせボタン

ラインバナー

ページトップに戻る